サカモトQピーのズッシ!(海賊王ではなく喜劇王にあこがれて…)
サカモトQピーの日々感じること(笑いを中心に)をつづる日記である。なおタイトルの“ズッシ!”とは、サカモトQピーの口ぐせである。
プロフィール

サカQ

Author:サカQ
趣味:笑いのネタ探し
   映画・音楽鑑賞、アロマを少々…
好物:寿司、天ぷら、アキハバラ(←そうでもない)甘いもの



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



カテゴリー



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


包茎専門!?なんじゃそりゃ!!?
こちらの画像をご覧頂きたい
IMG_070807-1.jpg

朝青龍を診察した本田昌毅医師である

スポーツニッポンによると…
大相撲の横綱・朝青龍(26=高砂部屋)の師匠、
高砂親方(元大関・朝潮=51)が6日、
都内の朝青龍の自宅を訪れて、
処分決定後では初の師弟会談を行った。
5日に「神経衰弱および抑うつ状態」と診断された朝青龍だが、
診察した医師の専門が形成外科であることが判明。
高砂親方は日本相撲協会の医務委員会に要請し、
別の医師の診察を受けさせる意向を明かした。
1日の処分決定後、初めての師弟会談を終えた高砂親方は、
愛弟子の姿に驚いた様子だった。会談は約15分間。
~中略~
5日に「神経衰弱および抑うつ状態」と診断し
「うつ病の一歩手前で、この状態が続けばあと3、4日で
うつ病になってしまう」と
帰国を勧めた本田昌毅医師(37)の専門が、
実は形成外科だったことが判明。
同医師が経営するクリニックのHPによると包茎手術専門で、
治療の一環としてカウンセリングなどをしているという。
本田医師は、朝青龍の主治医である平石貴久医師の
紹介だったという経緯もあり、
不要な疑惑の声を封じるために、再検査を決断したようだ。
医務委員会の吉田博之委員長は
「本人の了承が得られれば近日中にも診療する」
と早ければ7日にも再診察を行う。
高砂親方は「同じ症状なら(北の湖)理事長に相談する」
とも話しており、診察の結果次第では
モンゴルへの帰国が検討されることになりそうだ。

この記事を読んだV6の岡田准一君は…きっとこう言うだろう…
包茎専門…」


IMG_070807-2.jpg


朝青龍を取り巻く一連の騒動は何故か笑えるW
格闘技に転向して、K-1 Dynamite!!にでも出て欲しいものだ
スポンサーサイト

テーマ:▼どうでもいい話 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://saka9.blog29.fc2.com/tb.php/186-41950cf5


click!
click!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。