サカモトQピーのズッシ!(海賊王ではなく喜劇王にあこがれて…)
サカモトQピーの日々感じること(笑いを中心に)をつづる日記である。なおタイトルの“ズッシ!”とは、サカモトQピーの口ぐせである。
プロフィール

サカQ

Author:サカQ
趣味:笑いのネタ探し
   映画・音楽鑑賞、アロマを少々…
好物:寿司、天ぷら、アキハバラ(←そうでもない)甘いもの



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



カテゴリー



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


嗚呼、シンクロの女神よ
今日は感じたことを書きたい
『シンクロ女王から女神へ…デデュー伝説』
こちらをご覧いただきたい

IMG_070323-1.jpg


皆さんご存知であろう
シンクロ界の女神となった
ビルジニー・デデュー選手(フランス)である

メルボルンで開催中の
水泳の世界選手権第6日は22日、当地で行われ
シンクロナイズドスイミングの
ソロ・フリールーティン(FR)決勝で
過去2大会ソロを連覇したビルジニー・デデュー(フランス)が
99・500点で優勝した
ナタリア・イーシェンコ(ロシア)が
98・500点で2位となり
デデュはロシア勢のシンクロ全7種目金メダル独占を阻んだ

私は“シンクロ”という競技には興味はなかった
しかし今大会、いや昨日のデデュ選手の演技を観て
シンクロがいかに優美で神秘的な表現の出来る競技であると感じた
率直に何度でも観たいと思う程の演技
デデュー選手は
アスリート”でありながら“アーティスト”でもあった


何故そこまで感じるのかというと
あくまでも素人目線だが
今まで何気なく観ていた他の選手の演技は
足の上がり方が高かったり、力強い身のこなしだけだった
当然、その分激しく水しぶきが上がる
このことは伝説の演技を観る前までは気にもしなかった

がしかし、あの伝説の演技をみて観念が一変した
デデュー選手は飛び込む前の演技から
すでに観る者全てを自分の世界に引き込んだ
そして水の中へ
演技曲の「マリアカラスの生涯」が流れる
濃密で洗練された芸術的演技の始まりである


演技一つ一つが洗練されていて
デデュー選手が舞うことによって
波紋やしぶきがまるで生きているかのような…

まさに彼女は水と“同調-シンクロ-”しているのである
時に激しく、時に優美で
プールがまさにオペラ劇場と化した


演技が終わった後
私は再び彼女の演技を観たいという衝動にかられた
大げさと思われるかも知れないが、歓喜に似たような思いであった

デデュー選手
3連覇おめでとうそしてお疲れさまでした

最高の演技をありがとう、シンクロの女神よ永遠に


スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記


この記事に対するコメント
デデュー選手の演技はすごかったけど、
他の選手の水に入る前の演技はギニュー特戦隊!!に見える。
【2007/03/26 12:20】 URL | men #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://saka9.blog29.fc2.com/tb.php/170-8dc59b77


click!
click!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。