サカモトQピーのズッシ!(海賊王ではなく喜劇王にあこがれて…)
サカモトQピーの日々感じること(笑いを中心に)をつづる日記である。なおタイトルの“ズッシ!”とは、サカモトQピーの口ぐせである。
プロフィール

サカQ

Author:サカQ
趣味:笑いのネタ探し
   映画・音楽鑑賞、アロマを少々…
好物:寿司、天ぷら、アキハバラ(←そうでもない)甘いもの



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



カテゴリー



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


場外乱闘・無制限1本勝負!?
今日の考察は
『何処まで行くのか亀田スタイル
 -もしもし亀よ~亀さんよ~-』
である

こちらをご覧いただきたい
IMG_061001-1.jpg


これは、亀田3兄弟の二男大毅(17=協栄)が27日
WBC世界スーパーフライ級21位バレリオ・サンチェス
(36=メキシコ)と対戦し
微妙な判定で勝利した直後の光景である

乱闘はヒルベルト・メンドサ会長ら、
WBA幹部が観戦したリングサイド席の真後ろで起きたが、
JBCや亀田陣営の関係者が身をていして被害を食い止めた。
一部のファンから「八百長か」「そこまでして勝ちたいんか」
とのヤジが飛んだ。
これに、亀田ファンが激怒し、アンチ亀田の人々と殴り合いになった。
トレーナーの父史郎氏も怒りを爆発。
あまりの汚いヤジに、アンチ亀田の集団の目前まで迫った。

といった具合だ…

ボクシングがこれほどまでにイメージが悪くなったのは
初めてではないだろうか
確かに二男大毅は、かなりの練習を積んだのであろう
サンチェスに対してパンチは負けていなかった
技術にしたら、やはりサンチェスの方が上であろう試合…
微妙な試合展開だったのでなおさらである

ここで忘れてはならないのが
マスコミにも責任があるのではないだろうか
人を威嚇していきがっている亀田スタイルを
あたかも今時のスタイルみたいな
流行にしようと必死ではないかTBSさんよー!

ビッグマウスがかっこいい?
真の実力をつけてから言うものではないか!


スポニチによると…
テレビ東京の菅谷定彦社長が28日、同局内で定例会見を行った。
27日の試合後に乱闘寸前の騒ぎがあった
ボクシングの亀田大毅ら3兄弟と父・史郎さんについて言及。
「彼らの(挑発的な)態度には(試合を放送する)
TBSにも責任がある。親子に対してTBSも指導、
注意するべきだ。(放送は)テレビのあるべき方向ではない」

と批判した。
フジテレビの村上光一社長もこの日、局内で定例会見。
8月2日にTBSが放送した亀田興毅戦について
「放送開始から試合まで1時間以上も引っ張ったことが、
視聴者の反感を買った。放送のやり方がまずかった」
と指摘した。

今月は長男興毅の防衛戦もある
今後の亀さんファミリーにチェキラッチョ!!
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://saka9.blog29.fc2.com/tb.php/137-f2973e94


click!
click!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。