サカモトQピーのズッシ!(海賊王ではなく喜劇王にあこがれて…)
サカモトQピーの日々感じること(笑いを中心に)をつづる日記である。なおタイトルの“ズッシ!”とは、サカモトQピーの口ぐせである。
プロフィール

サカQ

Author:サカQ
趣味:笑いのネタ探し
   映画・音楽鑑賞、アロマを少々…
好物:寿司、天ぷら、アキハバラ(←そうでもない)甘いもの



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



カテゴリー



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


直木賞作家さんよ!ミャーっ!!!
先日、久々にある記事を読んで憤り虚しさを感じた…
その記事いやコラムは、皆さんもご存知だとおもわれるが
2006年8月18日付け日経新聞(夕刊)「プロムナード」に掲載された
直木賞作家・坂東眞砂子さんのエッセイ「子猫殺し」である

今日の考察は
『エゴイズムが生み出す悪行の正当化って?はあ~!?』である

こちらをご覧いただきたい

IMG_060825-1.jpg


これが例のコラムである…
ネット上でいろいろと騒がれているが
私も坂東眞砂子さん(以下:坂東せんせ~)の考えには
賛同できないし、理解できるはずもない

坂東せんせ~は、本文中で
『獣の雌にとっての「生」とは、盛りのついた時にセックスして、
子供を産むことではないか。その本質的な生を、
人間の都合で奪い取っていいものだろうか。』
とおっしゃっているが

逆に坂東せんせ~お伺いしたいのだが
では生まれてきたモノに「死」を勝手に
貴方のご都合もしくは考えで与えていいのだろうか!!
本質的な死は考えなくていいのだろうか?


さらに坂東せんせ~は
『生死に関わることでない限り、
人が他の生き物の「生」にちょっかいを出すのは間違っている。
人は神ではない。』


あの~全く矛盾してませんか?貴方のとった行動は?
飼い猫が産んだ子猫をすぐさま庭の近くにある崖に
放り投げ、殺しているなんて!?
人ではなく、あなたは神か?と言いたくなる

結局は人間のエゴイズムが成せる神業なのであろうか…
いやご都合の「生」ばかりに執着し、
「死」のあり方を全く無視した冷酷で卑劣な行為である!

とはっきり言っておく!!

生きとし生けるものへの生命の尊厳は、貴方にはないのか?
もし貴方がその母ネコであったら…どう思いますか?
わが子を産んですぐに奪われ殺されることに…

あっ!?
坂東せんせ~には分かるはずがないか
そもそも思考の回路が違うし
“ネコじゃないし”って言われるのがオチですよね~


“痛み”を想像すること、感じることができる人でありたいと思う

今回のことで、自分なりに「生」と「死」を考えることができた
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://saka9.blog29.fc2.com/tb.php/127-11c2ce9d


click!
click!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。