サカモトQピーのズッシ!(海賊王ではなく喜劇王にあこがれて…)
サカモトQピーの日々感じること(笑いを中心に)をつづる日記である。なおタイトルの“ズッシ!”とは、サカモトQピーの口ぐせである。
プロフィール

サカQ

Author:サカQ
趣味:笑いのネタ探し
   映画・音楽鑑賞、アロマを少々…
好物:寿司、天ぷら、アキハバラ(←そうでもない)甘いもの



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



カテゴリー



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


61回目の平和への祈り
今日は、感じること想うことを書きたい

1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分、広島
1945年(昭和20年)8月9日午前11時2分、長崎
に原爆が落とされた…


IMG_060809-1.jpg

(写真・故北村久夫さん撮影、
 広島市内爆心地から南東へ約十三キロの地点)

あれから61年の歳月が流れた…

毎年原爆投下の日に行われる平和式典
広島・長崎両市長による平和宣言

8月6日(日)
秋葉忠利 広島市長は-

放射線、熱線、爆風、そしてその相乗作用が現世(げんせ)の地獄を
作り出してから61年――
悪魔に魅入られ核兵器の奴隷と化した国の数はいや増し、
人類は今、全ての国が奴隷となるか、
全ての国が自由となるかの岐路に立たされています。
それはまた、都市が、その中でも特に罪のない子どもたちが、
核兵器の攻撃目標であり続けて良いのか、と問うことでもあります。

(~中 略~)
一点の曇りもなく答は明らかです。世界を核兵器から解放する道筋も、
これまでの61年間が明確に示しています。
(~中 略~)
「核兵器の持つ唯一の役割は廃絶されることにある」がその基調です。
しかし、世界政治のリーダーたちはその声を無視し続けています。
10年前、世界市民の創造力と活動が勝ち取った
国際司法裁判所による勧告的意見は、
彼らの蒙(もう)を啓(ひら)き真実に目を向けさせるために、
極めて有効な手段となるはずでした。
(~中 略~)
核兵器は都市を壊滅させることを
目的とした非人道的かつ非合法な兵器
です。
私たちの目的は、これまで都市を人質として利用してきた「核抑止論」
そして「核の傘」の虚妄を暴き、
人道的・合法的な立場から市民の生存権を守ることにあります。

(~中 略~)
迷える羊たちを核兵器による呪(のろい)から解き放ち、
世界に核兵器からの自由をもたらす責任は今や、
私たち世界の市民と都市にあります。
岩をも通す固い意志と燃えるような情熱を持って
私たちが目覚め起(た)つ時が来たのです。



8月9日(水)
伊藤一長 長崎市長は-

「人間は、いったい何をしているのか」
被爆から61年目を迎えた今、ここ長崎では怒りと
いらだちの声が渦巻いています。
1945年8月9日11時2分、長崎は一発の原子爆弾で壊滅し、
一瞬にして、7万4千人の人々が亡くなり、
7万5千人が傷つきました。
人々は、強烈な熱線に焼かれ、凄まじい爆風で吹き飛ばされ、
恐るべき放射線を身体に浴び、
現在も多くの被爆者が後障害に苦しんでいます。
生活や夢を奪われた方々の無念の叫びを、忘れることはできません。
しかし、未だに世界には、
人類を滅亡させる約3万発もの核兵器が存在
しています。
10年前、国際司法裁判所は、核兵器による威嚇と使用は
一般的に国際法に違反するとして、
国際社会に核廃絶の努力を強く促しました。
6年前、国連において、核保有国は核の拡散を防ぐだけではなく、
核兵器そのものの廃絶を明確に約束しました。
核兵器は、無差別に多数の人間を殺りくする兵器であり、
その廃絶は人間が絶対に実現すべき課題
です。

(~中 略~)
61年もの間、被爆者は自らの悲惨な体験を語り伝えてきました。
ケロイドが残る皮膚をあえて隠すことなく、
思い出したくない悲惨な体験を
語り続ける被爆者の姿は、平和を求める取り組みの原点です。

その声は世界に広がり、長崎を最後の被爆地にしようとする活動は、
人々の深い共感を呼んでいます。
本年10月、第3回「核兵器廃絶-地球市民集会ナガサキ」
が開催されます。
過去と未来をつなぐ平和の担い手として、
世代と国境を超えて、共に語り合おうではありませんか。
しっかりと手を結び、
さらに力強い核兵器廃絶と平和のネットワークを、
ここ長崎から世界に広げていきましょう。

被爆者の願いを受け継ぐ人々の共感と連帯が、より大きな力となり、
必ずや核兵器のない平和な世界を実現させるものと確信しています。

最後に、無念の思いを抱いて亡くなられた方々の御霊の平安を祈り、
この2006年を再出発の年とすることを決意し、
恒久平和の実現に力を尽くすことを宣言します。


私は被爆3世である
この時期になると嫌でも自分と向き合なければならなかった…
“ヒバクシャ”であることに-

何故、私がこの立場で存在するのか?
非被爆者の人より白血病・ガンなど難病が
発症する確率は、数字的に極めて高い…

勿論、被爆者の方でも80歳を迎えて元気な人もいるが
母親の親戚は、ほとんどが40代前後で
これらの難病によって亡くなっている…
私の母親は、ありがたいことに今のところ元気である
そして私と妹も

一体いつになればこの地球上から原爆がなくなるのだろう…
今も世界で増え続ける核施設・核兵器…
戦争によって被爆者が増え、核汚染されてゆく地球…

どうすればいいのか?

日本には世界に対して素晴らしい発言権がある
非核三原則の「核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず」
しかも憲法第九条の“戦争放棄”があるではないか

それを携えて世界のリーダーと
連帯するように訴えていくべきではないだろうか!
日本のリーダーよ!!


最後に今思うことは
自分には、チカラはないが考え何かできることから始めたい

http://www.humanism-forum.org/
↑こちらは父親が代表として反核運動しているNPO法人です
 よろしかったら、コピぺして見て頂けたら幸いです

スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://saka9.blog29.fc2.com/tb.php/124-116e3627


click!
click!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。