サカモトQピーのズッシ!(海賊王ではなく喜劇王にあこがれて…)
サカモトQピーの日々感じること(笑いを中心に)をつづる日記である。なおタイトルの“ズッシ!”とは、サカモトQピーの口ぐせである。
プロフィール

サカQ

Author:サカQ
趣味:笑いのネタ探し
   映画・音楽鑑賞、アロマを少々…
好物:寿司、天ぷら、アキハバラ(←そうでもない)甘いもの



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



最近のコメント



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



カテゴリー



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Yes, we can ! 史上初の黒人大統領誕生!!
ついにこの時が来た!

すでにご存じであろうが米大統領選の4日
民主党候補バラク・オバマ上院議員(47)が当選して勝利した!
黒人大統領は建国1776年以来無論、初めてである

これで芸人・ノッチも仕事が増えることであろうw
と冗談はさて置き、歴史的にすごいことで
驚きを隠せないし、なんか嬉しかった

だが心配なのはこれからである
それは、オバマ氏の身の安全である
予てから暗殺計画をしていた輩がいたからである

アメリカの歴史は、人種差別を黙視できない
白人至上主義という名のもとに…
KKK(クー・クラックス・クラン)など代表的な団体が存在している

これからのアメリカの動向が注目される
日本も自民党から民主党へ政権を交代すべきではないだろうか

スポンサーサイト

テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記


命の重み…
昨日、秋葉原で大惨事が起きたのはご存じであろう
私がその報道を知ったのは、夕方頃

連続通り魔殺傷事件…

犯人の加藤容疑者は警察の調べに対し、犯行の直前まで携帯電話の
掲示板に犯行予告の書き込みをしていたと供述している


毎日jpより…

◇携帯電話サイトに書き込んだ内容(原文のまま)

午前5時21分 秋葉原で人を殺します 車でつっこんで、車が使えなくなったらナイフ
を使います みんなさようなら

午前5時21分 ねむい

午前5時34分 頭痛が治らなかった

午前5時35分 しかも、予報が雨 最悪

午前5時44分 途中で捕まるのが一番しょぼいパターンかな

午前6時00分 俺(おれ)が騙(だま)されてるんじゃない 俺が騙してるのか

午前6時02分 いい人を演じるのには慣れてる みんな簡単に騙される

午前6時03分 大人には評判の良い子だった 大人には

午前6時03分 友達は、できないよね

午前6時04分 ほんの数人、こんな俺に長いことつきあってくれてた奴(やつ)らがいる

午前6時05分 全員一斉送信でメールをくれる そのメンバーの中にまだ入っているこ
とが、少し嬉(うれ)しかった

午前6時10分 使う予定の道路が封鎖中とか やっぱり、全(すべ)てが俺の邪魔をする

午前6時31分 時間だ出かけよう

午前6時39分 頭痛との闘いになりそうだ

午前6時49分 雨とも

午前6時50分 時間とも

午前7時12分 一本早い電車に乗れてしまった

午前7時24分 30分余ってるぜ

午前7時30分 これは酷(ひど)い雨 全部完璧(かんぺき)に準備したのに

午前7時47分 まあいいや 規模が小さくても、雨天決行

午前9時41分 晴れればいいな

午前9時48分 神奈川入って休憩 今のとこ順調かな

午前10時53分 酷い渋滞 時間までに着くかしら

午前11時07分 渋谷ひどい

午前11時17分 こっちは晴れてるね

午前11時45分 秋葉原ついた

午前11時45分 今日は歩行者天国の日だよね?

午後0時10分 時間です


あまりにも身勝手で惨い犯行である
犯人に対し憤りを隠せない
とても許すことが出来ない


幸いにも私の周りには被害にあった者はいなかった

この事件であまりにも理不尽に命を奪われ
亡くなった方々にご冥福をお祈りいたします


テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記


雪柳のこころ
こちらをご覧頂きたい

キッズ・セーバー

KIDS SAVERというプロジェクトである

すべての大人たちの目が、子供にむけられること
子供たちみんなが、自分は1人じゃないと思えることが目標


各ジャンルの著名人が発起人になっている

詳細を知りたい方は、上のアイコンをクリックしていただきたい
(ワンクリック詐欺ではないのでご安心をW)


このプロジェクトのテーマソングは
MICRO氏の作詞作曲である



Yukiyanagi 雪柳~We're watching you~

ガンバらなくてもいいんだよ
ありのままの君でいるなら
冬と春つなぐユキヤナギ
まわりを照らしていた

暗闇に一人
ただ、たたずんでいた
先が見えない程に
不安がこみあげてた

君も同じように
深い傷抱えてた
それを僕が知った時に
何かが割れてはじけた

たとえ今は険しい
道のりに見えたとしても
苦しみの森をぬけてく
それが何よりの近道

ガンバらなくてもいいんだよ
ありのままの君でいるなら
冬と春つなぐユキヤナギ
まわりを照らしていた

いつもの癖のように
また落ち込んでいた
どうすることも出来ないと
無力感に打ちひしがれた

生きる意味なんて
くだらないって決めつけた
そんな僕をあきらめずに
励まし続けてくれた人がいた

冬に枯れ散るこの木にも
必ずあの季節に花は咲くのさ
悩みこそ君を育てる
何よりも大切なもの

ガンバらなくてもいいんだよ

冬と春つなぐ雪柳

ガンバらなくてもいいんだよ
ありのままの君でいるなら
冬と春つなぐユキヤナギ
まわりを照らしていた





この曲を聴いて何故か自分が励まされいる

発売は5月21日
とても素晴らしい曲である


テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記


レッドカードなオトナ
今日は、久しぶりに愕然とした記事を紹介したい

共同通信によると…
東京・味の素スタジアムで29日に行われた
サッカーのJリーグ1部第9節のFC東京-大分トリニータ戦で、
大分の選手が西村雄一主審から試合中に「死ね」などと暴言を
受けた可能性があることが
30日、分かった。
冷静さを求められる主審が暴言を吐いたとすれば極めて異例。
大分の原強化部長は選手らから証言を集めた上で、
日本サッカー協会審判委員会に抗議文を提出する意向を示した。

このことが事実ならば、西村雄一主審は
審判員をする資格はないし、“人としてどうなのか?”と
人間性まで疑ってしまう…


Wikipediaには、こうもあった…
2005年東アジアサッカー選手権(7月31日)、韓国-中国戦
この試合で主審を務めた西村は、
退場させる選手(退場理由は「乱暴行為」)
を間違えるという失態を犯し、
さらにその退場が後日無効扱いになるという事態を起こした。

スポーツのジャッジで、なんたる失言…

最近の世界情勢や日本での硫化水素自殺等の報道で
切実に感じるのは
日本、いや世界的に老若男女問わず人々が
病んでいるように思えてしまう


人道的に
“なんでもあり、やったもん勝ち”という価値観の風潮

非常に怖い、また恐ろしいと感じる

偉そうなことを言う訳ではないが
『人間の美とは、人を敬う精神と行動』であると私は思う

最近ドラマ化したマンガ『ROOKIES(ルーキーズ)』
主人公である川藤幸一のような
熱血であるが、おっちょこちょい何よりも誠実であり続ける人
私にとって理想の大人である

マンガだからと言われればそれまでだが…
時代遅れ!?…そんなの関係ねぇー(おぱっぴィー)!!

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


強き者よ、弱き者を守り給え
今日は、心苦しい記事と思うことを書きたい

毎日jpによると…
全国の国公私立小中高校などで
06年度に認知されたいじめの件数が
12万4898件に上ることが、文部科学省の調査で分かった。
昨年からのいじめ自殺問題を受け、
今回はいじめの定義を変更し、対象も国公私立に拡大。
公立だけを調査した05年度より6倍以上になった。
自殺した児童・生徒は計171人で、
このうち6人は「いじめ」が一因だった。
校内暴力は4万19件で05年度より約1万件増加した。
調査は全国の国公私立小中高校と
特殊教育諸学校の計約4万校を対象に実施した。
いじめの認知件数は
▽小学校6万897件▽中学校5万1310件
▽高校1万2307件などで、公立(11万9360件)だけで
比較しても05年度(2万143件)より6倍近くになった。
内容(複数回答)は「冷やかしやからかい」(66.3%)が最も多く、
「仲間外れや無視」(25.4%)、
「遊ぶふりをしてたたかれたりけられる」(18.2%)と続いた。
インターネットのブログなどに住所や顔写真を掲載される
などのいじめも5000件近く(3.9%)あった。
いじめが認知された学校は全体の55.0%にあたる2万2159校。
都道府県別の1000人当たりの認知件数が多い
▽熊本50.3件▽福井36.2件▽岐阜30.1件などと、
少ない▽鳥取2.1件▽和歌山2.5件▽福島・広島2.8件
などでばらつきが大きかった。

教育の現場は悲惨である
“いじめ”は悪いことであり、してはいけない
私が子供の時もいじめは存在していた
がしかし、いつしかというより段々と“いじめ”は
悪質かつ陰湿なものへと変わってきていると思える

インターネットにより匿名で姿を消し
いじめる子の情報公開やら誹謗中傷をする

残酷なTVゲームにより、刺激が強く凶暴性が高まる

集団的な学校生活での弱肉強食のような失望感…
失望感が絶望的になったときに
いじめられる子は、自ら命を絶つと思うのである

よく耳にすることが
「先生や親がもっと子供のシグナルに気づくべき」
確かにそれも一理あると思う
がしかしそれだけでは到底、自殺をなくすことは叶わない

いじめられる子は、わざわざ学校に行かなくてもよいと思う
それは、甘やかしではといわれるかもしれないが
子供が自殺するよりかは、断然よい解決方法である
“いじめ”は、
いじめる側が自分勝手な大義名分でストレスを発散しているのである


このままだといじめ問題が
よい兆しに進むとは全く想像がつかない…
弱い者を守るガキ大将はもはや現れないのだろうか

冷めた言い方かもしれないが、大人社会も格差により
ある意味、弱き者は淘汰される感じがしてしまう

“いじめ”で苦しんでいるのであれば
ボクシングのWBCチャンピオン内藤選手のように
いじめられる子でも頑張って生きていれば
偉業を成し遂げられることに気づいてもらいたい



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記



click!
click!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。